夫のブログ1

夫のブログ2

プロフィール

ゆめぐりん

Author:ゆめぐりん
2006年春にハワイで海外挙式をしました。
働きながら、しかも地方都市で情報も少ない中で、自分なりに満足できたと思います。
少しずつ更新していますが、思いつきなので順番はバラバラです(;^_^A
準備段階で自分が集めた情報をお知らせできたらいいな。ペコリ。

カテゴリメニュー

  • 美容(4)
  • ハワイの天気(8)
  • P会社(4)
  • ドレス(7)
  • ブーケ・花(3)
  • 教会(4)
  • 旅行(2)
  • ホテル(2)
  • おみやげ(3)
  • 小物(7)
  • アルバム・VTR(9)
  • 予算(5)
  • 同行者(2)
  • 手作り(2)
  • 未分類(4)
  • 私の場合(15)

リンク

このサイトについて

このサイトはリンクフリーです。

カウンター

スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:-- 編集
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --

美しさに汗は大敵

2006/06/24 [Sat]15:44 編集
category: 美容
せっかく綺麗にお化粧しても、汗で崩れてしまっては台無し

ハワイに限らずとも、挙式する時に心配される方も多いのではないでしょうか。

asi.jpg足の形って性格でませんか

人によって「全然大丈夫だった」とあったり「思いの外汗をかいてしまって大変だった」とあったりそれぞれですよね。

ホント、人それぞれなので一つの意見を見て、
「心配ないんだね!ラッキー☆」
と喜ぶのもあわてん坊さんみたいだし、
「汗・・かいちゃうんだ・・ウゲー!!どうしよ!!!」
と嘆くのも心配性すぎる。

やはり大切なことは、自分の肌質を見極めること。
乾燥に弱いのか汗に弱いのか
オイリーかインナードライか


自分のお肌なのに、自分を知らなすぎで、
乾燥に弱いのにエアコンガンガンつけてたり
インナードライなのに洗顔ガシガシしてたり


結構、いるみたいですよ。間違ったお手入れの人。
自分の肌、よく調べてみましょう。


でも、ハワイCIMG0380.jpgカハラロビーにて



日本と気候が違いすぎなので、現地に行って、重たいドレス着て、ブライダルインナーでぎゅうぎゅう締められて高いヒールで炎天下歩いてみないと自分の肌がどんなことになるのか、わかりませんよね。

準備しておくに

  越したことはなし。


そこで本日は化粧崩れしない方法についての考察。(今日は真面目な雰囲気だなおい。)

↓応援よろしくお願いします
FC2ランキング
色々と調べた結果、大体共通した内容でした。
時期的にも今実践してもよさそうな情報ばかりです。

・クレンジング後に軽いマッサージをして脂とり紙でしっかり抑えた後に化粧水を。
・洗顔後顔の上に氷をくるくると滑らせる。
・化粧水を予め冷蔵庫で冷やしておくと良い。
・化粧水は洗顔後30秒以内に。浸透力が全然違う。
・パッティングは顔のリンパ線にそって行う。わからない方は顔の面積の広い所からパッティングする。
・しっかりと化粧水をつけること。コットンがひたひたになるくらいにつけて顔全体にまんべんなくつける。そのままコットンを貼ってるのもいい。
・水分不足が一番油分の出てくる原因。しっかり補給。できたら乳液などで水分が飛ばないように。
・基礎を大切にする事が化粧崩れを最小限に抑える事にもつながる。
・化粧水&コットンで丁寧にパッティングすること毛穴が引き締まり皮脂をおさえる効果があるらしい


と言うことで、あちこちの情報のほとんどが、化粧水をたくさん付けて、肌の水分量バランスを正常にすることと毛穴を引き締めることを強く推奨していました。
しゅうれん(引き締め)効果のある化粧品なども要チェックですな。

挙式準備の注意で、シャワーはメイクの数時間前に浴び終えておくこと。とあります。これはほてった肌ではメイクしづらいのと、汗止め予防の為なのかも。

・下地まで塗ったらティッシュを乗せて軽く押さえます。それを2~3回くり返して余分な油を取り除けば、簡単に化粧崩れしない下地が出来る。
・下地作りを見直すことは化粧崩れ予防に最も有効。化粧下地も引き締め効果のあるものがおすすめ。
・下地を塗ったらいきなりファンデーションを重ねるのではなくしばらく待って下地の水分が乾くのを待つ。手で触ってベタつかなくなったらOK。


これも、事前にP会社当たりから、下地を付け終えるのはメイクさんのくる30分以上前にして下さいと指示が有るはずです。理にかなっていますね。

ちなみに、化粧品カウンターで確認した順番は、
化粧水→乳液→あれば美容液など(←これらは商品により順番変わりますよね)→日焼け止め→下地
とのこと。(え?常識だった?)

あとは
・首の後ろにある動脈を冷やすと血液が冷えて過剰な汗を出さないのでいい。
・なるべく涼しいところでお化粧する。
・余裕を持って行動する(あせらないこと)
・よく自分の肌を考えた上での基礎化粧品を選ぶ。
・お化粧後、化粧崩れの原因となる汗や皮脂を取り除くことも重要。プチタオルやあぶらとり紙は必須アイテム。

等の情報でした。

よく考えたら、どれもこれも当たり前の情報ですよね。(氷で冷やすとかは別として)


ということは、普段からきちんとお肌の手入れをしておけば水分・油分のバランスがとれていて、少々の汗や油でも崩れないと言うことでしょう。

ところで、私はどうだったのかというと・・・


全然変わらず。


というより、元々顔に汗かかない体質・アブラも出たこと無いから参考にはならないですね。トラブルでシャワーを浴びたのがメイクさんの来る30分前・髪も100%乾きじゃなかったけど何も起きなかった。

夫は超汗かきなので気がかりだったようですが、サミュエルの過去記事の裏技(記事の最後の方にあります)を実践したら効果抜群だったらしい。
(でも実践するのが少し遅かったようで数時間前からの準備を推奨していました)

でもこれ新婦がやったら

まるみえ

になるので男性用ですね・・・。



胸パット代わりにするか?
↑せっかく今日は真面目な雰囲気だったのに・・・。

↓幻滅しないで応援よろしくお願いします
FC2ランキング→ランキング混戦中。
スポンサーサイト

テーマ:ハワイウエディング - ジャンル:結婚・家庭生活

trackback -- comment --


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。